タバコがもたらす肌への悪影響

喫煙者タバコを吸う習慣は、間違いなく美しい素肌を蝕むことになります。
まだ若いからと安心していても、その影響は後から必ず、自らに跳ね返ってきます。
主成分はニコチンであり、末梢神経や神経中枢への興奮を起こさせます。
これは血管収縮を招きますので、血液が流れるのを妨げてしまいます。

体の中で血の巡りが悪くなれば、栄養素や酸素は、十分な必要量が体の隅々にまで行き渡らなくなります。
血行が悪くなれば体温は下がって、体内の新陳代謝は低下していきます。
新陳代謝は健康にも皮膚状態にも必要であり、それが低下すれば乾燥やたるみ、シミやシワも招くことになります。

ニコチンというのは、猛毒でしかありません。
タバコをふかして煙を吸い込んだ時から、体の血管は収縮をします。
高級コスメを買い込んで手入れをしても、たった1本の喫煙によってお金も美容の努力も水の泡に消えます。
ニコチンや一酸化炭素が体に入り込むので、内側からの酸化がスピードアップします。
皮膚の角質細胞の中にある、シミの下にもなるメラニン生成は活発になります。

タールの成分もタバコには含まれるので、皮膚の色は黒ずみを増すようになします。
禁煙は毛穴も開かせますから、毛穴にも付着して、皮膚はくすみますし、透明感は失われます。
酸素が順調に供給されなくなりますので、皮膚の劣化は激しくなり、ツヤのない不健康な皮膚になるのが結末です。

タバコはできるだけ早く、卒業をしたほうがいいです。
その分のお金は、もっと健康的なのように使いましょう。
たまにはエステサロンで、プロのエステティシャンから、フェイシャルマッサージや、ボディトリートメントを受けるのもいいでしょう。
体にもお肌にも、そして心にも満足のいく方法です。